★ [How To / FAQ] 卵って1日1個じゃないの? 3こも食べたらコレステロールが!

[免責事項] このFAQは、イチ素人の見解に基づいたものであり、医学的診断ではありません。内容が間違っている可能性も多分にあります。最終的には、お医者様に診断していただくか、自己責任での判断をお願い致します。
また、MEC食のオフィシャル情報サイトである@MECもよくよくご覧になってみてくださいね。
How To と FAQ 記事の一覧はこちらにまとめています。

「卵は1日1個まで。コレステロールが高くなるからね。」っていう知識の人、多いと思います。なのに、MEC食では卵は一日3個!って言っています。ほんとに大丈夫!? コレステロールが!? って心配な方、多いと思います。私も、そう思っていました。

私は、MEC食を始める前は、卵は1週間で1,2個というペースで、使いきるのが大変でした。そこからのスタートでしたので、恐る恐るで卵の数を増やしていきました。コレステロールに関しては、結構慎重に考えていたように思います。

eggs

スポンサーリンク

食事で摂るコレステロールの量に上限はない

厚生労働省が発表している、「日本人の食事摂取基準」の2015年度版で、コレステロールの目標量制限は撤廃されました。つまり、「これ以上食べたら、カラダに影響を及ぼします~」という量は無い、と厚生労働省が認めているということですよね。

ちなみに、それ以前は成人は男750ミリグラム、女600ミリグラムが上限とされていました。(参考までに、生卵1つ分のコレステロール値は200ミリグラムくらいです)

すでにコレステロールが高い状態でも大丈夫なの?

摂取上限が撤廃されたことはわかったけれど、それは外から入ってくるコレステロールの量であって、すでにカラダの中にあるコレステロールの量とは別物なのでは!?と思った方もいるのでは。

私は、そう思った、疑い深い派です。なぜなら、すでにLDLコレステロールが高い状態でMEC食を開始しました。コレステロールを下げる薬も飲んでいました。ですから心配で心配でした。

それでも卵を食べる生活になったのは、「コレステロールが何者なのか」の認識が変わったからです。

私は、コレステロールというのは、「なんか血をドロドロにさせて、血管にくっついて、最終的に詰まらせてしまうイカン奴!怖い!薬で下げないと!ついでにオニオンでサラサラにしよう!」って思っていました。でも、違いました。

コレステロールは、「カラダの炎症を治す役割を果たす、いい奴」だったのです。

コレステロールが高いということは、カラダに炎症がたくさんあるということ。コレステロールが高いからって、薬で飲んで下げましょう!というのは、カラダの炎症を治そうとしているコレステロールを無理やり取り除くということだったのです。コレステロールの値は見かけ上良くなりますが、カラダの炎症は一向に治らないのです。

高齢になってくるとコレステロール値が高くなってくるというのは、つまり老化によって炎症が増えてくるからなんですよね。決して消化能力が衰えて血にドロドロが溶け出している・・・とかではないのです。

まとめ

コレステロールの摂取量と、すでにカラダの中にあるコレステロールの量。どちらも高くても問題ない、というのが現在の私の理解です。が、私は医学のスペシャリストではありません。自分の健康については、それぞれの自己責任で取捨選択をしてくださいね。

MEC食関連の本
スポンサーリンク
MEC食関連の本 広告した

ブログの更新通知をメールで受け取ることが出来ます。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 ダイエットブログ MEC食ダイエットへにほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ

コメント大歓迎です♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です