イギリスに飛ぶ

こんにちは。今、飛行機の中でこのブログを書いています。(もちろんアップロードできるのは地上に降り立ってからです)

Twitterで少しつぶやいたのですが、今向かっているのはイギリスです。急遽仕事で行くことになり、2週間の滞在の予定です。延長の可能性がかなりあるのが怖いところですが…

IMG_5698.JPG

スポンサーリンク

ごはん、どうしよう

出張に行くことが決まったのは金曜の夜。月曜日の朝には飛び立っていますから、ほんとに急な決定でした。

出張が決まって最初に考えたのは、「MECどうしよう…」ということでした。

機内での食事にしても、現地での食事にしても、とにかく自分で好きに作って食べているいつものMEC食が実践困難なのは明白です。

数日の観光旅行ならば、それも旅の醍醐味として割り切って楽しめると思います。どうせ増えたとしても数キロだろうし。

でも半月も滞在し、さらに仕事場とホテルの往復になることが決まりきっているとなると、それは不便な日常でしか無いですよね…

はぁ、どうしよう。

イギリスはMECのきっかけでした

実は、私がMEC食を始めたきっかけは、イギリスなのです。

昨年の3月頃から、主に炭水化物抜きとカロリー制限によるダイエットを始めた私は、そこそこ順調に体重を減らしていました。たしか、95キロから始めて、8月ころに87キロだったと思います。

今考えてみれば、体調もあまりぱっとせず、痩せたというよりはやつれる方向に進んでいたんだと思うのですが、とにかくその頃は順調だー!と思っていました。

そんな中、アメリカに一週間の出張がありました。昼ごはんは仕事場の人がケータリングを頼んでくれるのですが、めためたに甘いドーナツとか、めためたに脂っこいピザとか。そんなものばかりで完全に食欲が落ちてしまっていました。この大食漢の私が、この脂っこいもの大好きな私が、こんなにも箸が進まないもんか…と愕然としました。

唯一美味しいと思えたのはステーキで、外食はステーキばかりをチョイスして乗り切りました。ホテルの朝食もおいしくないパサパサのパンばかりで食が進まず、自分でスーパーで調達した野菜やベーコンを調理してしのぎました(キッチン付きの滞在型ホテルだったんですね)。

それでもかなりのお肉の量を食べていたので、体重増加を覚悟していたのですが、帰ってきて体重測定して拍子抜け。たしか、96.5とかでした。

その後も炭水化物抜き、カロリー制限なダイエットを再開し、このまま痩せていけたらなぁ…と思っていた矢先、9月に急遽イギリスに行くことになりました。この時の体重は忘れもしない83.9。最低体重を更新して、飛び立ちました。

滞在は10日間でした。ホテルにはキッチンどころか冷蔵庫もなかったので、基本的には毎日が外食。

朝はホテルでイングリッシュブレックファースト。卵やソーセージ、ベーコンと、美味しいクロワッサン、そしてチーズ。クロワッサンにたっぷりバターをつけて、紅茶にたっぷりのクリームを入れて。

昼は、仕事場でオーダーしてもらえるケータリング。だいたいサンドウィッチでしたが、アメリカのものとは大違いで具も美味しいしパンも美味しい。

夜は、フィッシュアンドチップス食べたり、ミートパイ食べたり、スティッキートフィープディング食べたりとイギリスを満喫。飽きればイタリアンに行ってピザやパスタを食べ。中華でチャーハンやラーメンも食べました。インド料理で大きいナンをたいらげたりもしました。

イギリスは食べ物がまずいまずいと聞いて怯えていましたが、毎日美味しかったんです。朝だけ見れば比較的理想的なMEC食でしたが(この頃はまだMECを知りませんでした)、完全に糖質過多な食事でした。

でも、量には気をつけていたのと、とにかくアメリカで増えたなかったこともあって、大したダメージはないだろうとタカをくくっていました。

ところが!!

帰ってきて驚愕!!!

体重は、88キロになっていました。

もうすごくすごくショックで。10日でこんなに増えちゃうなんて、想定の範囲外でした。

それで、慌てて炭水化物抜きに変わる?追加できる?ダイエットを検索して検索して、そんな時ふと糖質制限という言葉を思い出し、検索しました。そうしていろいろな人のブログをよみあさりました。

そこで、MECに出会ったんですね。イギリスに行っていなかったら、私は、まだ炭水化物抜きとカロリー制限のダイエットを続けていたと思います。

そしていまに至ります。今の体重は85キロ。イギリス太りや正月太りを乗り越え、今の時点では減りもせず増えもせずな状況ですが、この激務でも体調を崩さずに働けているのは、MECのおかげなんだと思うんですよね。

いつか体重も減って、標準体重になれたらいいなぁとおもっていますが、それはまだ先の話。ゆっくり取り組んでいます。

今回は体重大増量は避けたい

話がそれました。

とまぁ急遽イギリスに行くとこになったわけですが、また同じような食生活をしたら、大増量はまぬがれません。それはなんとしても避けたい!

ということで、準備期間は2日しかありませんでしたが、今回は少しだけ対策をしていくことにしました。

ラードを持っていくこと。
旅行者用のトラベルクッカーを持っていくこと。
甘い飲み物を買わなくていいように、水筒とお茶類を持っていくこと。
ガラスープやダシダを持っていくこと。

朝ごはんはホテルの朝食を見て決めようと思っていますが、昼食と夕食での糖質過多を、なるべく避けようという作戦です。

ソーセージやベーコン、卵を買って、トラベルクッカーでスープにしたらいいかなぁ…と。ゆでたまごはポットでも作れますし。チーズも買えば完璧です。

もちろん、同僚との外食も楽しみたいとは思いますが、毎日が糖質過多はあまりにもよくありませんので、こんな感じで乗り切りたいと思っていますよ。

これからしばらくイギリス日記が増えると思いますが、生暖かく見守ってくださいませ!

次の更新は、ロンドンまでの機内食をアップしたいなぁと思っています♪

MEC食関連の本

MEC食関連の本

スポンサーリンク
MEC食関連の本 広告した

ブログの更新通知をメールで受け取ることが出来ます。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 ダイエットブログ MEC食ダイエットへにほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ

コメント

  1. nene より:

    はじめまして!

    更新いつも楽しみにしています、neneと申します。
    イギリスの町並み素敵ですね~

    私もMECをして4ヶ月になりました。最初の1ヶ月で3キロ落ち、これだと確信したものの体重はそこから変わらず、勉強が足りないのか、ちとくじけそうになっています。

    淡々とMEC、から、頑張ってMEC、にいつの間にかシフトしていたのかもしれません。

    少し充電してから、また淡々とMECに初期化したいと思っています。
    コメントさせてもらい、少しガス抜きになりました。

    どうかイギリスでのお仕事が楽しみながら
    充実したのものになりますように。

    • rooko より:

      neneさん
      頑張ってMECって、私もついつい言葉にしてしまいがちなんですけど、MECって頑張るものじゃなくて淡々と続けていくものだなーって実感してます。
      これからも、焦らず続けていきましょうね(^^)

コメント大歓迎です♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です